FXとはどのような投資方法なの?

例えば株式や債券などが最も一般的な投資先ではないでしょうか。

ではFXでは何に投資をしているのかというと、

通貨に投資をしているのです。

 

つまり、お金を出してお金を買っているといえるでしょう。

 

通貨はその国の中央銀行が発行しているものです。

日本では日本銀行が円を発行しています。

アメリカではドルがありますし、

ユーロ圏では共通の通貨を用いるという試みがなされていて

ユーロという通貨が使われています。

 

アメリカの店で円を使って買い物をする事はできませんから、

日本円をドルに変えなければならないのです。

 

このときの交換比率のことを為替レート、あるいは単にレートと呼びます。

 

通貨は通貨ごとに基本的な金利が定められています。

 

日本は低金利ですから日本円を持っておくよりも

高金利通貨を持っておいたほうが良いと考える人も入るでしょう。

 

このように通貨は国ごとに違い、

そして通貨ごとに独自の金利を持っています。

 

為替レートの変動要因は色々なものがありますが、

それらを見抜く事ができれば

レートの変動によって利益を得る事ができるでしょう。

 

このように、FXではレートの変動と金利に着目して通貨に投資を行います。

関連ページ